So-net無料ブログ作成
検索選択

第十八回文学フリマ(2014.05.05)にご来場いただきありがとうございました! [活動情報]

「第十八回文学フリマ」にご来場いただきありがとうございました。
いつも通りというか、案の定というか、会場に入れたのが午後2時頃。そこからわずか3時間という短い時間での参加となってしまいました。それにもかかわらず多くの方に来ていただけて、とても嬉しかったです。


もしも、午前中にB-08ブースにいらっしゃった方で、作品を御所望という方がいらっしゃれば
kaen[メール]gmail.com ([メール]を@に替えてください)
までメールください。
作品を郵送いたします。当方でできる限りの対応をさせてください。毎度、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。




私が文学フリマに初めて出たのが2009年。そこから約1年に1回のペースで出展して今回が4回目。
今回が一番お客さんからの手応えを感じました。
自分のやりたかったことがきちんとお客さんに伝わって、お客さんもそれに喜んでくれて。
今日はここ4、5年で一番「文章書いてて良かった」と思えた日になりました。
これも作品を読んでくださる方があってのことです。
お手に取ってくださったみなさん、ありがとうございました。


全ページじっくり目を通した後で「いいですね、買います」と言ってくださったうえに、その後びっしり感想を書いて持ってきてくださった方がいました。しかも、その感想が「正にそういう意図で書いたんです!」という内容で、作家冥利に尽きました。ありがたや、ありがたや。


作品への感想は「良かったよ」という内容でも「いまいち…」という内容でも励みになります。
読み終わった方はぜひ、感想も教えてくださいね。



また、今回は「純文学」エリアでの出展に挑戦してみました。違いは…「野原X」にまるで興味を持ってもらえなかったですね。。ひしひしと感じました。「幻想文学」エリアだったら、この作品への反応はもうちょっと違ってたような気がするんですよね。
私自身は「純文学」エリアのほうが受けがいいのでは?と思っていたのですがまるで的外れでした。
お客さんは「ジャンルの定石」を大事にするんだな、というのが今回学んだことです。ジャンルのお作法にのっとりつつ、目新しいものがほしいんだろうな…。
今度は「エンターテイメント」エリアでの出展も実験してみたいのです。



既刊の少ない私の場合「文フリに出る=新刊を作らねばならない」であり、今までは自転車操業色がすごく強かったです。でも、今回は次回でも自信を持って既刊として置いておける作品を2つもつくれました。今後は回し方がもうちょっとうまくなれるんじゃないかと思いました。次で5回目にもなりますし。


そんなわけで、次回もどうぞお楽しみに!
(次回にはあれが出せるかな~。ちょっと厳しいかな~。。)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。