So-net無料ブログ作成

大風がやってくる [日記]

大風がやってくると聞いたのは、それに対する処置の選択肢が随分少なくなるくらい後だった。イライラと少ない選択肢から乱暴に70点の回答をひったくる。私はオレンジの折り畳み傘で応戦することになる。みんな手に立派な傘を携えているじゃないか。仕方がない、いま知ったのだから。持っていただけましというものだ。

「10年ぶりの大風がやってくる」

言い聞かせて外に出れば、長く伸びた前髪が風にさらわれて目の前に土砂降りの雨が現れる。傘をさそうと伸ばした腕を雨のライフルが容赦なく叩いていく。しかし、今度は逃げるわけにはいかないのだ。

「次は次はって何度目よ。ちっとも前に進んでないじゃない。あんたみたいな下っ端の仕事をいつまでも待っていられるほどこっちに余裕なんてないのよ。高いのはプライドばっかり。言い訳ばっかりで直そうともしないのね。そんな実力で才能があるとでも思っているの? 実力って、あんたが今手を動かしている部分のことだけじゃないのよ。その周りも、全部なのよ。それだけできたってだめなの、全部できて、やっと一つのことだけできるの。指摘したことぐらいその通りにやってよ。これぐらいのことあんたじゃなくてもできるのよ」

もう少し早く知ってたらな。オレンジの折り畳み傘じゃなくてきちんとした傘で出られたのに。でも、そんなこと問題じゃないでしょう? あれから風はいつも向かい風だったんだ。
コツがある。うまく風を避けるコツ。
傘の背で風を受けながら、一歩一歩歩むようにその傘の重心を傾ける。かきわけながら進んでいく。折り畳み傘でも不可能じゃない。それと傘に負担をかけないことだ。風で折れやすいところは、初めから自分の手で支えておけばいい。
問題は服だ。生憎、今日は雨滴の目立つ薄い化繊のスカートだ。もう既にびちびちと雨の形が染みている。まぁ、考えないことにしよう。今はどうにもならない。目的地についてからの処置だ。厚手のタオルならいつでも持っている。

何しろ10年振りの大風がやってきているんだ。逃げるわけにはいかない。
今度こそ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。