So-net無料ブログ作成
検索選択

『アバラスド旅行記』制作中。挿絵の見崎彰広さんの絵が板橋美術館に! [活動情報]

今日はひとつ、とても嬉しいニュースを。

――だから、私は旅に出た。
2005年に作成した『旅行記』という作品は、一人の女性が親元を離れ、ちょっと不思議な世界を旅していく物語でした。旅する世界はわたしたちの住む世界と一見似ているけれど、光を虫のように飼う街があったり、星が釣れる湖があったり、と、よく見るとこことは似ても似つかない世界。
2005年当初は、この本のイラストと文の双方を私自身で制作にあたっていました。
しかし、この世界観を自分の画力で表現することはとても難しく、制作したもののどこにも出す機会がなくお蔵入りとなっていました。

いつか、「この人に絵を描いてもらいたい」という人が現れたら作り直そう。

そう思いながら早7年。
昨年の文学フリマで拝見した見崎彰広さんの過去の作品を見た時に、その時がようやく訪れたと感じました。
挿絵の制作をお願いしたところ、なんと見崎彰広さんは快く引き受けてくださいました。
言ってみるもんですね。

この本は、書名を『アバラスド旅行記』に変え、来年の春を目標に制作中です。

(2014.01.12追記:作品の完成度を高めるために全面的に改稿することになりました。単に絵を差し替えたというものではなくなります。完成時期は未定です。2014年後半までにできたらいいなぁ…。もうしばらくお時間ください)

先日、早速見崎さんから一点挿絵が届きましたので、お見せしますね。

灯りを逃がす_s.jpg
「灯りを逃がす」

うん、言葉になりませんね。
たぶん、この本の完成を一番待ち遠しく思っているのは、他でもない私自身なんですよ。

そして、嬉しいニュースというのはこのことだけではないんです。
この見崎彰広さんが絵本原画コンクールに入選し、現在、入選作が板橋区立美術館で開催中の「イタリアボローニャ国際絵本原画展」に展示されています!

見崎さん、おめでとうございます!!!

■板橋区立美術館 「2013イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/now.html

2013年6月29日(土)~8月11日(日) 一般650円 高・大生450円 小・中学生200円
都営地下鉄三田線 西高島平駅から徒歩13分

↓見崎さんの名前はここで出てくる。
http://www.itabashiartmuseum.jp/art/bologna/bologna2013.html

■見崎彰広さんのサイト
http://misakiakihiro.info/MISAKI_AKIHIRO_WEBSITE/MISAKI_AKIHIRO_WEB.html

私も近日中に観に行く予定です~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。