So-net無料ブログ作成

更地の電柱 [日記]

曲がり角の家が解体されて、辻の一角は更地になった。
角を曲がる前に、もうその先の風景が見えている。
すっきりしたがらんどう。さっぱりした風の吹きぬける光景。の、はずだった。
(・・・目障りだな)
何をこんな中途半端なところに突っ立っているのか。

--更地の、角に立つ電柱。それが急にうっとうしく見えた。道路に寄るでもなく、でくのぼうのようにぼうっと立ち、私の歩く道を狭くしている。今まで気にもならなかった、真っ直ぐな姿。それは錯覚だった。
流されず、凛と立っているように見えて、実は誰かにそっと寄りかかっていた。

邪魔だ、とぶつけられて、倒れてしまったら大変だ。
胸にお花の模様を描いてあげよう。
茎のようにしなやかに、折れたりしないおまじないをかけるのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。