So-net無料ブログ作成
検索選択

感想はいつでも、作者の意図と異なる解釈でも、お待ちしてます。 [このブログについて]

Twitterでもちょっと出た話題だったんで、ブログにもきちんと書いておこうと思いまして。

「自分の感想が作者の意図と違っていたり、的外れな解釈だったら失礼に当たるのでは・・・」
と心配されて、感想を作者に送りたいと思っているけど躊躇されてしまう方って結構いらっしゃるようです。

でも、作品は書き手のものじゃないのですよ。世の中に放流した瞬間から、それは読み手のものなのです。
だから、どんな解釈してくれたっていいし、読み手の感じたことが正解だと、私は思っています。
ブログには「こういう意図で書きました」という解説は書くけど、それと違う感想を持ったら「そうは思わなかったよ」と言ってくれること自体がすごくありがたいです。(ていうか、そういう突っ込みをもらう為に解説を書いている。)
「あー、この辺で描写足りなかったんだなぁ」とか「そういう見方もできたのね」と、みなさんの感想はどんな内容のものでもふむふむと思いながら読ませてもらってます。

あと、これから自分でも気をつけようと思っていることなのですが、頂いた感想について「ありがとうございます」以上のコメントはあまり差し挟まないようにしようと思っています。私がなにか言うことで感想が言いにくくなってしまうのは嫌なので。
違う意味にもとれると思ったことを詳しく聞くことはあるかもしれませんが。


好き、でも、嫌い、でも、なんかしらのリアクションを呼び起こせた作品は「出せてよかった」と思っています。
「好き」の反対は「嫌い」じゃなくて「無関心」なのだから。


というわけで、感想はいつでも、作者の意図と異なる解釈でも、お待ちしてます!


 深森 花苑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。