So-net無料ブログ作成
検索選択

ばあちゃんが風邪をひいた。~その2・赤い三輪車の男の子~ [【掃き溜めに、一葉歌。】のアーカイブ]

その1はこちら。↓
http://fukamori-kaen.blog.so-net.ne.jp/2011-05-25

今日は再び実家に帰りました。
そこで聞いた、祖母が風邪をひいたときの話、第2弾です。

祖母はインフルエンザにかかっている間、タミフルを2日間程服用していたのですが、その間たくさんの幻覚を見たそうです。
幻覚、といっても、それは麻薬中毒的な幻覚ではなく、過去の記憶をひっくり返したようなものでした。
http://fukamori-kaen.blog.so-net.ne.jp/2011-05-25の記事参照。)
幻覚は、夢を見てるときのような感じで、頭の中に現れたようです。

その幻覚のなかで、一つ、奇妙なものがあったと言います。
弟(祖母から見ると、孫)が出てきたと言うのです。

 *

私の弟、というのは数年前に他界しました。
しかし、祖母の幻覚に現れた弟はそのときの姿ではなく、3~4才の小さな男の子で、顔も弟とはだいぶ違っていたようです。
赤い三輪車に乗って、祖母の前に現れたそうです。

祖母は弟に何度もよびかけました。
「まーちゃん? まーちゃんなの?」
すると、その男の子は、
「そうだよ」
と答えたそうです。

 *

祖母は、弟がまだ生きていた頃、弟にこう言っていたそうです。
「おばあちゃんは眼が悪いから、おばあちゃんが死ぬときはまーちゃんがおばあちゃんに会いに来てね」
だから祖母は、「これは弟が迎えに来た」ということなんじゃないか、と思ったそうです。

しかし、「お迎え」にしては弟の姿はあまりにも貧弱でした。
3~4才の小さな男の子、しかも、乗っているのが小さな三輪車では、祖母を連れて行けるはずもありません。

やがて祖母はこう言いました。
「じゃあ、おばあちゃんが送ってってあげるから、帰ろうか」
そう言うと、弟だという小さな男の子はうなずいたので、祖母は「ああ、まだ死ぬわけじゃないんだな」と思ったそうです。

 *

もうすぐ、弟が死んでから4年が経ちます。
もしも、弟が生まれ変わっていたとしたら、その赤い三輪車に乗っていた男の子と同じくらいの年齢になります。
顔が弟と似つかなかったことも、それなら納得がいきます。

祖母は、これは生まれ変わった弟が祖母に会いに来てくれたということなんじゃないか、と言っていました。

 *

人が死ぬ、というのはいったいどういうことなんでしょう。
それで終わりなんでしょうか。

私は科学の立場からも宗教の立場からも、それを真剣に考えたり議論したりするつもりはないけれど、
魂みたいなもの、って私たちのすぐ側にあって、
見えないところから私たちをちょっとずつ動かしているんじゃないか、って、
ときどき思うのです。
ときどきだけどね。


これから街の中で赤い三輪車に乗る男の子を見かけたら、
私はきっと、手を振ってしまうんだろうな。





*****

一方、その頃じいちゃんは何をしていたか、というと。

足の巻き爪が悪化して、この日記のその1でも出てきたH医師のところにお世話になっていたりしたそうだ。
H医師「具合はどうですか?」
じい「こっちはもういいんだけど、今度はこっちの足が痛い・・・」
H医師「じゃあ診てみましょうか・・・ん? ・・・なにもなってませんね」
じい「じゃあいいです」
H医師「いや、でも痛いなら、もう一回様子見て来てもらうとかしてもらっても・・・」
じい「いいです」

待て。痛みって、「なにもなってない」言われたらそれで収束つけられるものなのか?
またあるときは・・・。

じい「熱っぽいから(デイケアに)行きたくない・・・」
H医師「じゃあ、熱なかったら行ってくれますね。おーい、体温計持ってきて!」
・・・ばっちり平熱だったので、デイケアにさっさと連れて行かれるじいちゃん・・・。
極めつけは・・・。

H医師「Nさん(じいのこと)、久しぶりだね。僕のこと覚えてる?」←近所だし、2こ下だし、基本古くから知ってる仲
じい「・・・(聞こえない振り)」
H医師「・・・はーい、僕のことなんてどうでもよかったねー! さー、診察しましょうかっ!」

・・・H先生、いつもご迷惑ばかりおかけして本当にすみません・・・。


じいの心の声「じじつ? なにそれおいしーの?
         一番大事なのは、自分の都合だよ!!ヽ(´∀`)/アハハー」


・・・この人、本当に若い頃、人を教える立場の人だったんだろうか・・・。ふつふつと疑問が・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。